就職・進学状況

機械系の卒業生は、非常に幅広い分野の企業に就職しています。これは機械メーカーだけでなく、食品や精密加工、鉄鋼、エネルギーなど、多くの産業で機械エンジニアが求められていることの表れでもあります。

キャリアデザイン

大学では「将来こうなりたい」という自分の目標を明確にすることが大切です。学生の夢の実現に向けて、入学時から就職後までをトータルでサポートするのが、キャリアデザインの考え方です。
本学では、全員が確実にステップアップできるように、1年次から「キャリアデザインⅠ~Ⅲ」を授業の中に組み込んでいます。その中には就職課が授業を担当するキャリアプランニングもあり、学年が進むのに合わせて、社会に出てから仕事をするという意識を高めていきます。

キャリアデザインⅠ

より計画的な学生生活が送れるように、大学生活や学習方法に関するガイダンスを行います。また、自分のことを理解し、目標を明確にするために、働く目的や価値を探り、学生生活の過ごし方を考えるキャリアプランニング、若手社会人をパネラーとしたキャリアパスなどを実施します。

キャリアデザインⅡ

将来の職業人としての意識を高めるために、自己分析と職業理解のためのキャリアプランニングを行います。さらに3年次後期から本格的に始まる就職活動に備えて、就職講演会や就職模擬試験などを実施します。

キャリアデザインⅢ

職業研究や企業研究の一環として、企業の担当者と面談する就職懇談会やインターンシップガイダンスなどを行います。また、就職活動に必要なスキルを身につけるため、エントリーシートや履歴書の指導、面接対策講座、SPI等就職試験対策講座などを実施します。

学科独自の就職支援

本学では学生と企業との就職懇談会や就職ガイダンス、就職に関する講演会、企業合同就職セミナーバスツアーなど、様々な就職支援を行っていますが、本学科でも独自の就職支援を行っています。
将来、技術者として働くイメージを確立するための企業見学や工場見学は、就職活動への第一歩。学科長や担任、卒業研究指導教員による個別指導にも力を注いでおり、学生一人ひとりの可能性を力強くサポートしています。